LOG IN

アナスンさんのこと

by unico

北欧旅行の前半で訪れた
デンマークでは
コペンハーゲンの
ニューハウンというエリアに
滞在していました。

運河沿いに窓の多いカラフルな建物が立ち並ぶニューハウン。

ニューハウンはアナスンさん
(アンデルセンのデンマーク語読み)
が愛したかつての船着場。

カラフルでかわいい建物が
立ち並ぶ観光地です。

水上バスの運河めぐりでは「安野光雅の世界」的な街並みと共にかわいい自家用船がたくさん見られます。

「人魚姫」
「雪の女王」
「親指姫」
「裸の王様」など

私たちが幼い頃から
慣れ親しんできた
たくさんの童話を
書き残したアナスンさん。

アナスンさんのポートレイト。写真は出生地オーデンセの市立博物館よりお借りしました。

そんな彼も、実は、
大学在学中に学長から
文学的才能を嘲笑されたり、
初期に発表した童話集が
不評だったりしたのだとか!

それでも、
亡くなった際には、
王太子や各国大使、
子どもから年配者、
浮浪者に至るまで

彼の葬儀に参列して
大騒ぎになったというほど
愛されて惜しまれて
この世を去ったんですね。

人に笑われても、
望む評価が得られなくても、
自分が愛することをやり続ける!

勝手ながら、
そんな勇気をもらいました。

アナスンさんが居住していた建物の1Fは現在ショップになっています。


unico
OTHER SNAPS