LOG IN

WT001:欲望を止めるなよ

by unico

WT=Writing Therapy の略。
よく質問を受ける「ライティング・セラピー」について、イメージしやすいようにブログでお題を出してみることにしました。実際に書いてみたり、書くにあたり疑問・質問がでたりした場合は、Facebookにメッセージをどうぞ!

「成功している人たちはみんな例外なく自分の欲望に素直」

先日、そんな言葉を聞いて考えさせられました。

欲望に素直になる。

他人の価値観に従って、自分で自分の欲望に素直になることを禁止して、ストイックさに憧れて。

でも、心の奥底では人には言えない自分自身の欲望をよーくよーく知っている。

自分の欲望を知るということは「汝自身を知れ」の大きな一部であり、そこを避けていると自分らしく生きることはできないのかもしれません。

最近、読んだ本の中にこんなくだりがありました。

「欲求の否定は、自己否定につながります。なぜなら、人は欲求に基づいて行動するわけで、何を欲するかこそがその人らしさでもあるからです。」
『毎日15分自分と向き合えば、「欲しい結果」がついてくる』池田潤著 KADOKAWA刊

「欲望」と「欲求」の違いについて考えると…

「欲求」…一般には行動の契機といえる心理状態を「欲求」と呼ぶ。
「欲望」…欲求を反復継続させたり、欲求に意味づけを行うものが欲望。

・快楽という報酬を得た「欲求」が「欲望」として顕在化するという表現も可能。
・「欲求」が受動的で、「欲望」が能動的という見方も可能。
・「欲望」は個人の主観に依存。本質的に個人的、個別的性格のもの。
・若さとは「欲望」の種類の豊富さ=生命力の旺盛さ。
・広告の役割は「欲求を目覚めさせ、欲望に火をつける」こと。

まあ、そんな小難しい言葉の定義の話をしたいわけではなく(あっさり、笑)

大切なのは、自分の「欲求」なり「欲望」を否定しないこと。

それをしていると、自分を否定することになり、自分を責めることにつながるから。

自分を責めてしまう癖がある人(はーい、私です!)は自分の「欲望」をしっかり自覚してみましょう。

タイトルの【 欲望を止めるなよ 】はくるりの「男の子と女の子」の歌詞から拝借しました。

小学生くらいの男の子
世界のどこまでも飛んでゆけよ
ロックンローラーになれよ
欲望を止めるなよ
コンクリートなんかかち割ってしまえよ
かち割ってしまえよ
男の子と女の子  作詞:岸田繁

かち割って行こーう! おー! ファイト!

<本日のライティング・セラピーのお題>

Q:あなたの「欲望」はなんですか?
誰かに読ませるものとしてキレイ事を書く必要はありません。
自分のためだけにノートに書き出してみてください。
書けたら、それらを全部認めて、欲望を抱く自分にOKを出し、自分を応援しましょう。

Q:あなたの「欲望」を叶えるために必要な行動はなんですか?
思いついた行動をリストアップして、そのうちのひとつを今日または明日実行してみましょう。


unico
OTHER SNAPS