LOG IN

愛の贈りもの

by unico

保育園の送迎バスを降りてすぐ、

息子が「ママにあげる」と

ハートのしみチョココーンをくれました。


「おやつで3こもらったから、

2こだけたべて、1こは

ママにあげようとおもって、

もってきたんだよ」


いつも、私への手紙や絵に

たくさんのハートを書いてくれる

息子らしいなぁ、と思い、

うれしくなりました。


…でも実は私、

甘いものが苦手です。

チョコレートもほとんど食べません。


「ありがとう。

Sくんがたべていいよ」

と、息子にあげたら、

息子は半分だけ食べて、

「ママ、どうぞ」

ともう一度差し出してくれました。

その姿を見て、そして自分のしたことに気づいて、

衝撃を受けました!!!


私が2016年、じっくり

取り組んでいるテーマ。

それは「受け取る」です。


想いを受け取る。

承認を受け取る。

お金を受け取る。

愛を受け取る。


いろいろなものを欲しがりながら、

同時に受け取り拒否している自分に気づいて、

自分の中の3つの苦しみ


1. 欲しいものが手に入らない苦しみ

2. 欲しくないものが手に入る苦しみ

3. 欲しいのか欲しくないのかわからない苦しみ


を、毎日たくさん見つめながら、

「受け取る」猛特訓中の日々なのです。


そんな中での息子からの贈りもの。

私は、最愛の人からの

愛の贈りものまで

受け取り拒否している!!!


息子はチョコレートが大好きなのに、

ハートのチョコを見て、

自分が食べたいのを我慢して、

「ママにあげたい」と思ってくれたのに、

私は、それを一度断って返してしまったんです!


それでも、諦めずにもう一度

「ママ、どうぞ」と贈ってくれている!!!


それに気づいて、

もちろん一も二もなく

受け取りました。


「ありがとう」

そして、一口食べました。


好きじゃないはずの

チョコレートがこんなに

美味しいなんて!!!

と感動して、路上で、泣きました。


「Sくんがくれた

いちばんおいしい幸せの味がする」

と伝えた時の、息子の

はにかんだ最高の笑顔ときたら!


以前、GIFTというカードゲーム会に参加した時、

ファシリテーターの方に教えていただいた

大切なことばを最後にご紹介します。

「与える」とは「ちゃんと受け取ってあげる」ことでもあります。

受けとることも与えること。

ひとことで言えばそれは「愛」なのかもしれません。



受け取れない私に、拒み続ける私に、

諦めずに愛を贈り続けてくれる人たちと、宇宙に、

この体験からの気づきと感謝を、捧げます。


私が愛されていることへの感謝。

私の中に愛を生む能力が備わっているという恩寵。

私が生きて、生かされている理由。


それを伝えたい、と思い、久々のブログ更新となりました。

読んでくださって、ありがとうございます。

I do love you❤️



unico
OTHER SNAPS